フィンペシアの副作用とは?

フィンペシアはプロペシアと同じ効果がある事はご理解頂けたでしょう。

しかし、フィンペシアに限らず、プロペシアにも副作用はあります。

薬剤において副作用が全くないものは存在しません。

副作用が出ない場合は、それは個人と薬の相性に過ぎず、薬そのものの性質では無いのです。

男性型脱毛症を解消するこれらの薬には男性機能の低下がある事が報告されています。

同時に精巣異常にも及ぶ事があります。

女性ホルモンを直接注入するよりは、まだ副作用の度合いは低いと言えますが、相性によっては顕著な場合はあります。

また、フィンペシアの有効成分はプロペシアと同じですが、他の成分も寸分違わず同じと言う訳ではありません。

フィンペシアには独自の成分、キノリンイエローと言うものが配合されており、これに発がん作用があると言われているのです。

もちろん100%証明されている訳ではありませんが、危険性がゼロであるとは言えません。

薬にはどんなものでもリスクは存在するのです。

プロペシアもフィンペシアも、女性、子供の服用は絶対に避けなければなりません。

妊婦さんなどの場合は、胎児に重大な影響を及ぼす可能性もあるのです。

つまりプロペシアにしてもフィンペシアにしてもそれだけ強い薬剤であると言う事なのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>