フィンペシアを使用しない場合はどうする?

当然の事ながら、フィンペシアの様なプロペシア系の薬品には副作用があります。

それもかなり重大な副作用です。

もちろん、副作用が全く出ない人もいるでしょうが、副作用が出る人にとってフィンペシアの使用は継続できないものとなります。

では、そんな人にはハゲの悩みを解消する方法がないのか?と言うとそんな事はありません。

確かにフィンペシアの様なプロペシア系の薬品や、血管拡張効果のあるミノキシジルはハゲの人の夢の薬と言われていますが、他の成分でも近い効果を得る事も出来るのです。

即効性や確実性には劣るのかも知れませんが、薬剤は結局相性でもあるので、相性が合えば充分悩みを解消出来る可能性はあるのです。

副作用も結局は薬剤との相性の問題です。

同じ薬でも出る人もいれば、出ない人もいます。効果も同じで、同じ薬でも効果がある人と、どんなに良い薬と言われていても効果が出ない人がいます。

重要な事は自分に最も適した薬剤を見付ける事です。

効能や成分や口コミは参考にはなるでしょうが、個人差があることを忘れてはなりません。

個々で全く作用が変わってくるのでマイノリティであることがおかしいと言う事はないのです。

育毛剤の中にはフィンペシアやプロペシア系と同様の効果を持つ自然由来の成分を持つものもあります。

その成分はM-034と言うもので、ワカメや昆布などの褐藻類の自然由来のものから抽出されたものが配合されています。

この成分はフィンペシアなどと同様に男性ホルモンの抑制に効果を示し、育毛サイクルを正常に整えます。

口径薬と違い、即効性や確実性については同等のものとは言えないかも知れませんが、臨床実験などでも効果については証明されているものです。

元々、育毛剤もプロペシア系の薬剤も基本的には長期的に使用続けなければ効果が出ませんし、効果が出ても使用を止めた途端に元の状態に戻る可能性があります。

どの道、長期的な使用の必要があるならば、安全性のより高いモノを使うと言う選択肢は当然の如くあり得る訳です。

もちろん、医師の指導の下、正規のルートで処方してもらう分にはプロペシア系の薬も使用する価値はありますが、少しでも副作用の兆候があれば即刻使用を停止しなければなりません。

そして、そうなる可能性は決して低いものではないのです。

そう言う観点からも、M-034配合の育毛剤とミノキシジルの併用などでも高い効果は望めるかも知れません。

副作用が出た場合すぐさま中止したとしても、影響が暫く残る可能性もあり、健康を害するのでは本末転倒と言えます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>