効果が著しいのはフィンペシア?

発毛の効果と言う面だけで考えた場合、通常の育毛剤を使用するよりもフィンペシアやプロペシアを使う方が良いと言えます。

副作用等を全く考えない、若しくは全く出ない人にとってはフィンペシアやプロペシア系の薬は育毛の夢の薬と言えます。

プロペシアやフィンペシアは口径薬ですが、ミノキシジルと組み合わせれば正に毛生え薬と呼んでも良い効果を発揮する場合があります。

AGAと呼ばれる男性型脱毛症に通常の育毛剤では何の効果も発揮しません。

何故なら、AGAは男性ホルモン過多などの異常によって起こるもので、それを抑制する為には頭皮や頭髪環境を整えると言うだけでは消極的な方策と言えるからです。

病気に薬が必要な様に、男性型脱毛症も一種の病気と言え薬が必要な症状なのです。

その為に必要なのは結局のところ育毛剤や発毛剤では無く、純粋に薬品が必要と言えるのです。

それによって男性ホルモンを抑制し、血管を拡張し血流を良くして頭皮や頭髪への養分を充分に送り込まなければならないのです。

育毛剤とフィンペシアと言うのは発毛において似て非なるモノなのです。

育毛剤は飽くまで毛生え薬では無く、頭皮頭髪環境を整え、常に頭皮を清潔にし、毛穴の詰まりなどを無くし、毛根に栄養を送ることで発毛するのを「待つ」と言ったものなのです。

それに対し、フィンペシアは直接的な原因を排除し、それを抑制する事で発毛させると言う特性を持つものなのです。

フィンペシアの様なプロペシア系の薬品は、男性ホルモンの抑制を促しますので、もちろんそれがイコール毛が生えると言う効果を発揮するものではありません。

しかし、男性型脱毛症にはまず男性ホルモン異常を抑制しなければどんな方法を用いても解決には至りません。

何はなくても男性ホルモン異常を解消し、発毛サイクルを正常に戻さなくてはどれだけ良いと言われる育毛剤や育毛シャンプーを使用しても効果を発揮しません。

結局は、フィンペシアの様な薬剤と育毛剤は併用して使用するもので、単独で絶大な効果を望むのは無理なのです。

また、どちらが良いと言うものでもありません。

最終的には何が原因となって薄毛や抜毛が起きているのかが問題なのです。

その原因を無視して闇雲に育毛剤や発毛剤を使用しても何の意味もありません。

全てのハゲが男性型脱毛症ではありません。その可能性が非常に高いと言うだけで、別の原因で起こるハゲもあります。

自身の薄毛抜毛の原因をキチンと把握し、それに応じた方策で悩みを解消しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>