フィンペシアより育毛剤が良い?

育毛剤は比較的副作用などの危険が少ないと言えます。

フィンペシアやプロペシアはやはり副作用の可能性が高い事は間違いありません。

副作用の強さは、結局悩みの解消の度合いに通じます。

強い薬だからこそ、それだけの効果を発揮するとも言えます。

フィンペシアにはキノリンイエローと言う発がん物質が配合されていますが、同じ効果でキノリンイエローを使用していないものもあります。

それが、エフーペシアと言う薬です。

但し、キノリンイエローの配合がないと言うだけで、他の副作用は基本的にプロペシアやフィンペシアと同様です。

全ては個人の相性次第です。

育毛剤と、フィンペシア、どちらが効果的と問われても、結局はハゲのタイプで異なるのです。

男性型脱毛症に関しては、育毛剤では絶対に解消出来ません。

育毛剤にも男性ホルモンを抑制する効果の成分が配合されているものもありますが、極めて微弱です。

直接的に男性ホルモンを抑制するには結局プロペシアやフィンペシアを使う以外にないのです。

頭皮環境を整える、頭皮や頭髪に栄養を行き渡らせると言う観点では育毛剤に軍配が上がります。

全ては自分自身がどんなタイプの薄毛抜毛なのかをキチンと見極め、それに応じた薬品や育毛剤を購入し、使用するかでそれが解消出来るかどうかが決まるのです。

マーロ 育毛剤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>